その後のその後

iOSエンジニア 堤 修一のブログ github.com/shu223

働き方

「あきらめ」からはじめる英会話 #clem_jp

英語を勉強しているエンジニアやデザイナーのためのミートアップ「CLEM」というのがありまして、本日その第5.2回(5月の2回め?)でLTをしてきました。 #5.2 Creators Learning English Meetup for Mobile - connpass (主催のKayokoさんのツイートより写真…

第2回フリーランス海外遠征と2016年の生存戦略

1/12〜30の19日間、とあるスタートアップのお手伝いでドイツの首都ベルリンに行ってまいりました。 (今回の雇い主、Norman氏と、ベルリン大聖堂前にて。) 「あれ、前も行ってなかったっけ?」と思ったかもしれませんが昨年11月に行ったのは同じドイツでも…

WWDC15のチケットは外れたけどサンフランシスコに行ってきたメモ

タイトルの通り、今年はWWDCのチケットは残念ながら外れてしまったのですが、初参加した昨年を振り返ってみると セッションを(英語力と理解力と集中力の点で)リアルタイムで理解できない → セッション中にドキュメント等で勉強しようとする → セッション会…

フリーランスを1年やってみて考えが変わったこと

お客さん仕事はわりと早いうちに納まったのですが、原稿書きがまったく納まる気配がないので、(現実逃避として)今年1年をふりかえろうと思います。 といっても「こういうお仕事をやりました」的なのは3ヶ月ごとにまとめているので、 http://d.hatena.ne.jp…

とあるシングルスタックエンジニアの生存戦略

昨日『好きなことで生きるエンジニアを知る(Part2)』というイベントで登壇してきました。「どうやったらおもしろく働き続けられるか?」みたいなテーマなので本記事タイトルにある「生存戦略」とはちょっと違う印象を持たれるかもしれませんが、おもしろく…

TimeTicket で日曜の空き時間が 41,000 円で売れた話

「わたしの30分、売りはじめます。」という触れ込みでオープンした空き時間売買サービス「TimeTicket」、さっそく登録してみたところ、ちょうど空いてた昨日の日曜だけでなんと 41,000円 の売り上げがありました。 このサービス、気になってる方も多いんじゃ…

「2014年の目標」中間振り返り

ふとしたきっかけ *1 で年初に書いた「2014年の目標」という記事を見返したのですが、おもしろいぐらいに達成できてなくてびっくりしました。 ちょうど2014年も半分経過したところだし、状況もいろいろ変わってこのまま年末まで放置しても仕方ないので、ここ…

おもしろく働くための「わらしべ長者方式」

昨日書いた記事 『独立して最初の3ヵ月間にやったお仕事のまとめ』 で、 目の前のおもしろい仕事にがっちり食いつく → がんばっていい仕事をする → 得られたスキルや実績をブログ等でアピールする → よりおもしろい仕事のお話をいただく というサイクルをし…

2013年振り返り

今年は、仕事もない、海外に行きたいけどあてもない、というところから始まり、スペインに行って生活してみたり、シリコンバレーでの仕事にありつけたり、日本に戻ることになって奥さんの実家(福島)に居候することになったり・・・等々、今年は自分にとっ…

技術ブログで食えるのか?ブログ収益を整理してみました

「はてなエンジニアブロガー祭り」というイベントに登壇した際に、「ブログを続けてよかったことは何ですか?」という質問があって、 書籍を執筆するきっかけになった 海外で働きたい、とか書いてたら海外で起業する人から声がかかった 等々挙げてみたのです…

ブログを三ヶ月毎日続けるためにやったこと

先週、タイムラインにこんな記事が流れてきました。 これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。はてなブックマーク- これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。 タイトルを見て、ちょ…

プログラミング素人の31歳が、カヤックに入社するまでの記録・ダイジェスト版

本日、CAREER HACKさんに、『失敗続きの窓際エンジニアが掴んだ最後のチャンス|iOSアプリ開発者 堤修一に訊く | CAREER HACK』というインタビュー記事を掲載していただきました。 この記事は2本立てとなっていて、実際にどうやってスキルを伸ばしていったの…

人生初の講演をしました

本日11/11吉日、TechCrunch Tokyo ハッカソンにて、"TechTalk" という枠で人生初の講演をさせていただきました。 さて、このハッカソンに、ハッカー界の著名人が2人も登場して頂けることとなったのでお知らせしたい。(中略)もう1人は、同じく500 Startups…